CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>



t: y:
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
冬のうた
冬のうた (JUGEMレビュー »)
Kiroro,玉城千春,重実徹
あー、このジャケやったんだっけ。
中身のほうが多分可愛いやつが使われてるはず。
RECOMMEND
くじらむぼん
くじらむぼん (JUGEMレビュー »)
クラムボン
牛柄。だけど、黒も白もいろんな黒と白がある。石やビーズも編み込んであるのです。
RECOMMEND
Junior Sweet
Junior Sweet (JUGEMレビュー »)
Chara,土屋公平,David Motion,Ashley Ingram,渡辺善太郎,Towa Tei,大沢伸一,名越由貴夫,Hoppy神山
懐かしい。もうかなり前だけど、でもこのワンピースは私の中でも伝説。全てがパーフェクトなシチュエーションだった。
プリン
プリン
実はこの夏はプリン三昧。
もうとにかくプリンが食べたくてしかたない。
コンビニで何度買おうと思ったことか。
しかし、コンビニで売っているプリンの原材料をみていると、こんなに食品添加物を使っているのかと嫌になってやめる。
やっぱり自分で作ろう。
そんなことで、黒糖プリンを作り始めた。
私は蒸しプリンより焼きプリンが好きである。
これがいけない。
焼きプリンはほんとうに難しい。
焼き加減が微妙なのだ。
うちのオーブンのせいなのか、成功率が低い。
すが入ってしまうのだ。
いろいろ工夫している。
もちろん蒸し焼きもしている。
たまにうまくいく。
みんなはおいしいと言ってくれる。
しかし私は納得できない。
だめだよ、こんなの。と思う。
そしてまた焼く。

黒糖でソースをつくり、卵と牛乳と黒糖だけで作ったシンプルなプリン。
材料がシンプルなだけに美しく仕上げるのが難しい。
ふるふるとやわらかいけれど形が整っているなんて高望みなのかしら。
やっぱりそこがうまくいかないからみんなゼラチンをいれたりするのかな?
うーん。
でもやっぱり卵だけでなんとかしたい。
といって、今日もまたプリンを焼いた。
まあまあの出来。
でも、まだまだ。

桃花も旦那もプリンは別に好きじゃないらしい。
私のためにひたすらプリンを焼き続ける。
また来週も焼こう。
| FOODS | 12:23 | comments(2) | trackbacks(0) |
でこぽん
こんなにはまると思わなかった。
毎日でこぽん。
おいしくてたまらない。
一日に3個は食べ過ぎだろうか?
| FOODS | 02:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
桃のかたち?
業務用の食材を売っている店でねだられた。
きっとバレンタイン用だったに違いない。
しかも場末のスナックとかでお客さんに帰りがけに渡すような代物。
でもこれはまさに桃花の好物。

ももぱいぱい

桃の形をしたおっぱい。(普通は桃ならお尻だ)
すばらしい!

ホワイトチョコレートなのだが桃花はこれを飴と呼んでいる。
「ぱいぱいのあめたべたいの、ももー!」といってはぱっくんと食べる。
これはぱっくんと食べるものらしい。
私にも強要する。
| FOODS | 23:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
鶏肉の蜂蜜ヨーグルト焼きキウイのせ
何気なく作ったがうまかった。
鳥の胸肉に塩こしょうで下味をつけておいて、プレーンヨーグルトにはちみつ(今日はレモンの蜂蜜を使用)を混ぜてそぎぎりにした鶏肉とスライスしたタマネギをつけておく。
耐熱皿に油を塗り、肉とタマネギをいれて、キウイのスライスをのせて200度のオーブンで25分焼く。

こんなにおいしいと思わなかった。
思ったよりさっぱり。
これはいける。
| FOODS | 22:43 | comments(2) | trackbacks(0) |
洋食屋
午後に来客の予定があるのでお散歩がてらお昼は外食に。
桃花にぶらんこの約束をしていたし、歩いて行けるところでご飯を食べよう。
今日のお目当てはレストランコニシ。
ついてみると今週末から改装のため長期休業に入るというお知らせの張り紙が。
あれれ。今日を逃したら食べられないってことか。

何十年も営んできた洋食屋さんの趣きはなんともいえないいいかんじ。
厨房もあれだけのメニューを出すのはちょっと大変なのではという作りだけれど、とても清潔に使われている。揚げ物を頻繁にする厨房とは思えないくらいきれいだ。

私が食べたのはハンバーグとコロッケの定食。
キャベツの千切りには自家製のマヨネーズ。これがうまい。
器は銀色のプレートでコニシの文字が刻印されている。懐かしい。
おじいちゃんから始まって今は孫がついで三代目だという。
おじいちゃんの味を忠実に守り続けている孫というのがとても好感が持てる。
二代目よりも三代目のほうが素直にできるのかもしれない。
改装したらまた来よう。
そのときもまだこの銀のプレートが使われていたら嬉しいなあ。
| FOODS | 10:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |