CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>



t: y:
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
冬のうた
冬のうた (JUGEMレビュー »)
Kiroro,玉城千春,重実徹
あー、このジャケやったんだっけ。
中身のほうが多分可愛いやつが使われてるはず。
RECOMMEND
くじらむぼん
くじらむぼん (JUGEMレビュー »)
クラムボン
牛柄。だけど、黒も白もいろんな黒と白がある。石やビーズも編み込んであるのです。
RECOMMEND
Junior Sweet
Junior Sweet (JUGEMレビュー »)
Chara,土屋公平,David Motion,Ashley Ingram,渡辺善太郎,Towa Tei,大沢伸一,名越由貴夫,Hoppy神山
懐かしい。もうかなり前だけど、でもこのワンピースは私の中でも伝説。全てがパーフェクトなシチュエーションだった。
日記は書いとくもんだ
 ずいぶん、更新してない。
そういえば、去年i phoneにして。
写真とるのが楽しくなって。
facebookばっかりになってた。

ログインIDもパスワードも忘れてた上に、
登録してあったメールアドレスももう使っていないやつだった。

macが壊れたので、買い替えを悩んでいる。
はて、今のmacはいつ買ったんだっけな。
ブログ検索してみたら出てきた。
ちょうど3年前の今頃。
うーん。微妙だなぁ。
液晶なおして3万。
でも3年使ったHDはカラカラとときどき嫌な音を出している。
ということは、
直してもこれから3年は保たない。

では、新しく・・・と思ったが、
選択肢が微妙。
mac airとmac book proしかない。
え”ーーー。
ふつうのmac bookがいいのになぁ。
困った。

というわけで、
きっとまたいつ壊れたっけとか、
何を悩んでたんだっけとか、
そういうことを思い出すために
書いとくもんだな、と思って書いてみた。
| 母の戯言 | 15:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
沖山秀子の想い出
評価:
沖山秀子
インディペンデントレーベル
¥ 1,995
(2006-12-20)

 沖山秀子が亡くなったと新聞の片隅に。

このCDは下高井戸にハスキーレコードがあったときにみつけて買った。
もう9年くらい前になるかな?
沖山秀子ぉ?
これ気になるわ。
聴いてみたい。
と思った1枚。
旦那と買って帰って聴いてもう言葉が出ないくらい。
無茶苦茶かっこいい。
この人は歌手だったわけじゃないけど、
昔の女優さんはちょっとした歌手なんかよりずっと歌もうまくて表現力がある。
いや、そんなうまいだとかなんだとかそんなんじゃなくて、
とにかくボディにがつんと、脳天にがつんと、
生半可じゃない彼女の人生そのものがぶつけられてきてすっかりやられてしまったのだ。

ほんとうは、その日一番欲しいと思ったのは、店内でかかっていた青江三奈だった。
ニューヨークでのレコーディングでジャズメンとやってるんだけど
これがもう、だれ?このひと?ってかんじで
店員さんに聴いたら、青江三奈です、と。
でもこのCDはオーナーの私物で売り物じゃないんです、と。

んじゃ、沖山秀子を買うべ、と。
買った当時は中古でしかなくて廃盤だった。
でもこちらも大当たりだったので、
ハスキーさんってどんな人なんだろう、と。
青江三奈は売ってもらえないんだろうか、と。
沖山秀子の感想も伝えたいし、と
翌日また店に出向いた。

ちょうどハスキーさんがいて
「昨日売れたってきいて、どんな人が買ったんだろう?って思ってたんだよ!」
と嬉しそうだった。
そのとき、ハスキーさんがこれを再発しようとしているといっていた。
実現したみたい。

沖山秀子知ってる人も知らない人も
日本人のジャズシンガーじゃ物足りないと言う人に。
ぜひ。
すごいよ。これ。

続きを読む >>
| 母の戯言 | 23:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
こんなものがふってきた
タップシューズ
そういえば、この間の地震で棚のいちばん上に積み上げてあって天井近くにあった箱がふってきた。
いて。なんだ、これ。

と思ったらタップのチップだった。
中身がひっくり返ってあちらこちらに飛んじゃったやつを発掘して箱に戻した。

懐かしい。
黒いやつはチャコット製で13歳のときに買ったやつ。
ベージュのはカペジオ製のチップをハイヒールのダンスシューズにつけてもらった。
こちらは16歳のときの。

チャコットは管楽器でいうとヤマハみたいな感じで。
日本製は質実剛健で丈夫で長持ちだが、ちょっと色気がなくて繊細さに欠ける。
カペジオはキングみたいな感じかな。
軽快で繊細で音を聞いてるだけでスイングしたくなる。

うーん。
もうこれでタップを踏むことは無いだろうけど、これは捨てないで持っていようかな。

| 母の戯言 | 18:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
大地震その後の今のじぶんごと
 こどものころ、大地震がくるとずっといわれて
しょっちゅう避難訓練があった。
第一避難場所はここ。
第二避難場所はここ。

我が家にも非常事態のときどうするか、という決まりがあった。
父は戦中派だったので自らの体験した教訓がたくさんあったのだと思う。
しつこくしつこく私に念を押した。

家族がばらばらに被災したら、集合場所は自宅があったところ。
誰にもあえなくても張り紙をして無事と居場所を知らせること。
知っている人をみかけたら声をかけあうこと。

我が家には缶詰、乾パン、懐中電灯、携帯ラジオ、方位磁石、ビニール袋、ロープ、軍手、チョコレート、キャラメル、水が常備してあった。
風呂にはいつも水をためておく。
寝る前には魔法瓶にも熱湯をいれておく。
脱いだ服はおきてそのまますぐに着れるように順番にたたんで枕元に。

地震が起きたらすぐに火の元を消す。
窓や玄関を開ける。
掘りごたつの中に隠れる。

などなどなど。

今回の地震で忘れかけていたことを思いだした。

自分のためにもあとでまとめて書こうかな。






| 母の戯言 | 23:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |