CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>



t: y:
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
冬のうた
冬のうた (JUGEMレビュー »)
Kiroro,玉城千春,重実徹
あー、このジャケやったんだっけ。
中身のほうが多分可愛いやつが使われてるはず。
RECOMMEND
くじらむぼん
くじらむぼん (JUGEMレビュー »)
クラムボン
牛柄。だけど、黒も白もいろんな黒と白がある。石やビーズも編み込んであるのです。
RECOMMEND
Junior Sweet
Junior Sweet (JUGEMレビュー »)
Chara,土屋公平,David Motion,Ashley Ingram,渡辺善太郎,Towa Tei,大沢伸一,名越由貴夫,Hoppy神山
懐かしい。もうかなり前だけど、でもこのワンピースは私の中でも伝説。全てがパーフェクトなシチュエーションだった。
<< らっきょう | main | 月と野獣と虹 >>
お迎え火
昨夜は入盆。
お迎え火をたいた。
その前にこどもたちは馬をつくる〜!と茄子ときゅうりにつまようじをぷすぷす。
おがらに火をつけるときに旦那がやけどした。
毎年湿気っていてなかなか火がつかないのだが、今年はすんなりついた。
「おかえり〜〜〜〜!!!!」
「だれがかえってくるの?」
「ご先祖様。」
「ってだれ?」
「じーちゃんとかばーちゃんとかそのまたじーさんとかばーさんとかいろいろむかしにいきていたひとたち。」
「いまはしんじゃってるの?」
「そう。」

一夜明けて、今朝。
保育園にでかけるときに月が言った。
「まだきょうもいる?」
「何が?」
「だからぁ。おじーちゃんとかおばーちゃんとかだよ!つきのすけがかえってくるまでいる?」
「ああ。大丈夫。あと二日はいるよ。まだ帰らないから。」
続けて桃が言った。
「なんで帰っちゃうの?ずっといればいいのに。」
「そういうわけにはいかないんだよ。」
「で。えーと。なんていったっけ。ベーコンじゃなくてー。」
「?ああ。霊魂。れ・い・こ・ん」
「そうそうそれ!それは死んじゃってる人のこというの?」
「うーん。そうだねぇ。説明するの難しいなぁ。」
「!わかった!幽霊?鬼太郎みたいに?」
「うーん。ちかい。でも妖怪じゃあないよ。」
「みえないけど、いるんだよね?」
「そう。見えないけどいるんだよ。」
「ねえ、なんでくるときはうまできて、かえるときはうしにのってるの?」
「それは、来るときは早く来たくて、帰るときはゆっくり帰りたいからじゃないのかな。」
「じゃあさ。あるいてかえればいいのに。そしたらゆっくりだよ。」

うーむむむむ。

朝から次々と難問をつきつけられた。

とにかく、二人はいつまでも先祖の霊にいて欲しいんだそうだ。
今日はプール開きなので、それを報告するらしい。
昨夜は店の中に特等席を作って、ボルシチとごはんと梅干しをお盆にのせてお出しした。
ふむ。
桃花はお送り火をたくときまでに、茄子ときゅうりの牛の背中に鞍をつくってあげるのだそうだ。
「そうしたら、のりやすくなるよー」
気が利いている。
| DAYS | 11:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.momonica.com/trackback/870267
トラックバック