CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>



t: y:
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
冬のうた
冬のうた (JUGEMレビュー »)
Kiroro,玉城千春,重実徹
あー、このジャケやったんだっけ。
中身のほうが多分可愛いやつが使われてるはず。
RECOMMEND
くじらむぼん
くじらむぼん (JUGEMレビュー »)
クラムボン
牛柄。だけど、黒も白もいろんな黒と白がある。石やビーズも編み込んであるのです。
RECOMMEND
Junior Sweet
Junior Sweet (JUGEMレビュー »)
Chara,土屋公平,David Motion,Ashley Ingram,渡辺善太郎,Towa Tei,大沢伸一,名越由貴夫,Hoppy神山
懐かしい。もうかなり前だけど、でもこのワンピースは私の中でも伝説。全てがパーフェクトなシチュエーションだった。
<< お迎え火 | main | むだとはどういうことか  >>
月と野獣と虹
どぅわ”〜〜〜〜〜〜!!!!!
と叫びたくなるときがある。
そういうときはなんというか体中の毛がざわざわする。
昨日の朝はそれだった。
ひさびさだ。

実際に
どぅわ”〜〜〜〜〜〜!!!!!と叫びまくったのはお産中だ。
これこそ野獣だった。

ホルモンのバランスがおかしくなると総毛立ってきて叫びたくなる。
自分が獣なのだと自覚するときだ。

今朝、月のものがやってきて、何かが落ちたように、自分の中が静かになった。
今月は七夕に満月だとか、あさっての日食だとか。
月に振り回されている気がする。
というか、つくづく自分が狼男だなぁと思う。

今日から高崎に向かう。
義母が不調に陥ったためだ。
肉体的にどうなのかはまだはっきりとはわからない。
とにかく、3週間ほど前からルナティックな感じになっているようだ。
その結果衰弱がひどくなって入院した。
明日はその病院からさらに転院する。

昨年のくも膜下出血の大手術後介護施設に入って1年。
認知症は残っているものの安定していたが、ここにきて激しく不安定になっている。
今回の転院は精神・神経専門の病院となる。
しかも私の父が晩年のパーキンソン病で入院していた病院だ。
縁というのは不思議なものだ。
しかし片方で地元では決して評判のいい病院ではない。
重度の精神障害の患者が多数入院しているためだ。
そこがまた難しい。

楽しみにしていた日食は高崎で見ることになった。

昨夕南の空に大きな虹が二重にかかっていた。
あんなに大きな虹を自宅からみたのは初めてだった。
桃と月は「ばーちゃんに虹のことをお話してあげたい」と写真をとった。
裏にある中学の屋上の上に出ていて、月は「あそこから虹にのぼろうよ!」と言った。

なんだかさいさきがいい気がした。
| DAYS | 13:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.momonica.com/trackback/870269
トラックバック