CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>



t: y:
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
冬のうた
冬のうた (JUGEMレビュー »)
Kiroro,玉城千春,重実徹
あー、このジャケやったんだっけ。
中身のほうが多分可愛いやつが使われてるはず。
RECOMMEND
くじらむぼん
くじらむぼん (JUGEMレビュー »)
クラムボン
牛柄。だけど、黒も白もいろんな黒と白がある。石やビーズも編み込んであるのです。
RECOMMEND
Junior Sweet
Junior Sweet (JUGEMレビュー »)
Chara,土屋公平,David Motion,Ashley Ingram,渡辺善太郎,Towa Tei,大沢伸一,名越由貴夫,Hoppy神山
懐かしい。もうかなり前だけど、でもこのワンピースは私の中でも伝説。全てがパーフェクトなシチュエーションだった。
<< ちょうせんじょう | main | さいごのにんじん >>
大地震その後の今のじぶんごと
 こどものころ、大地震がくるとずっといわれて
しょっちゅう避難訓練があった。
第一避難場所はここ。
第二避難場所はここ。

我が家にも非常事態のときどうするか、という決まりがあった。
父は戦中派だったので自らの体験した教訓がたくさんあったのだと思う。
しつこくしつこく私に念を押した。

家族がばらばらに被災したら、集合場所は自宅があったところ。
誰にもあえなくても張り紙をして無事と居場所を知らせること。
知っている人をみかけたら声をかけあうこと。

我が家には缶詰、乾パン、懐中電灯、携帯ラジオ、方位磁石、ビニール袋、ロープ、軍手、チョコレート、キャラメル、水が常備してあった。
風呂にはいつも水をためておく。
寝る前には魔法瓶にも熱湯をいれておく。
脱いだ服はおきてそのまますぐに着れるように順番にたたんで枕元に。

地震が起きたらすぐに火の元を消す。
窓や玄関を開ける。
掘りごたつの中に隠れる。

などなどなど。

今回の地震で忘れかけていたことを思いだした。

自分のためにもあとでまとめて書こうかな。






| 母の戯言 | 23:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.momonica.com/trackback/966596
トラックバック